お知らせ
お知らせ

2023/01/272月のお仕事カレンダーを公開しました
2022/12/261月のお仕事カレンダーを公開しました
2022/11/2812月のお仕事カレンダーを公開しました
2022/10/3111月のお仕事カレンダーを公開しました
2022/09/2910月のお仕事カレンダーを公開しました

>> 一覧へ

ご挨拶
ご挨拶

こんにちは、社会保険労務士の水野隆久です。      先生写真1         

当事務所のホームページをご覧いただきまして、
誠にありがとうございます。

会社経営や従業員のことでお悩みやご心配事がありましたら、
どうぞお気軽にご相談ください。

当事務所では、法的な解釈を一方的に押し付けるのではなく、
企業の立場にたって考え、悩みを共有し、具体的な解決策を
ご提案することにより、会社経営を強力にバックアップしていきます。

特に、社会保険制度や法律のわかりにくい部分を、専門用語を用いて
煙に巻くことなく、正しく理解していただくため、わかりやすく説明することを心がけております。
些少のことでも構いませんので、お気軽に何でもお問い合わせください。

当事務所が解決します
当事務所が解決します

企業経営の支援者が少なすぎると思いませんか?

■コストの削減に取り組みたい
■日常業務のミスをなくしたい
■人材に関するトラブルをなくしたい
■助成金や補助金を受給したい
■内部体制を整え、経営に専念したい

⇒ 社長の悩みをご一緒に考えます、まずはご相談を!



1.入社から退社までを完全サポート
日常的に発生する社員の入社・退社、制度変更による手続きを完全にサポートします

2.助成金の活用を継続サポート
めまぐるしく変化する助成金情報をキャッチして、継続的に情報提供します

3.リスクに強い経営体質をサポート
社内体制の整備を通じて、突然起こるトラブルを未然に防ぐ仕組み作りをお手伝いいたします

4.企業が成長する基礎を構築
各企業の状況に応じた退職金制度や就業規則の作成・変更を行い、成長する基礎を支援します


1)ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。
2)お客様の状況に合ったサービスのご提案をいたします。
3)お打合せの上、全力でサポートいたします。

WORDでそのまま使える人事労務管理基本書式集
WORDでそのまま使える人事労務管理基本書式集

| 採用 | 退職・解雇 | 労働時間・勤怠  | その他 |
時間外労働・休日労働に関する協定届
2021年4月1日から協定届の押印が廃止され、適格性チェックボックスが追加された時間外労働・休日労働に関する協定届(36協定届)の様式です。
shoshiki835.docx  shoshiki835.pdf

会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座

   

 このコーナーでは、経営者や管理職が最低限知っておきたい人事労務管理のポイントを会話形式で分かりやすく解説していきます。今回は、勤務間インターバル制度についてとり上げます。>> 本文へ

旬の特集
旬の特集

   

 2023年4月より労働者数が1,001人以上の企業は、男性労働者の育児休業取得率等を公表する必要があります。このように、企業規模により情報の公表が義務付けられているものがあることから、以下ではその内容をとり上げます。 >> 本文へ

知っておきたい!人事労務管理用語集
知っておきたい!人事労務管理用語集

>> 用語一覧へ
拘束時間
始業時間から終業時間までの時間のことをいう。労働時間と休憩時間の合計が拘束時間となる。

人事労務管理リーフレット集
人事労務管理リーフレット集

女性活躍推進法に関する制度改正のお知らせ 女性の活躍に関する「情報公表」が変わります
情報公表の項目に「男女の賃金の差異」が追加されたことを周知するリーフレット。2022年12月28日に通達が改正され、リーフレットが改訂されている。
重要度:★★★★★
発行者:厚生労働省
発行日:2022年12月
nlb1536.pdf

人事労務ニュース
人事労務ニュース

人材開発支援助成金に創設された「事業展開等リスキリング支援コース」2023/02/07
民間企業の障害者実雇用率 過去最高の2.25%の実績2023/01/31
2023年4月から中小企業も対象となる月60時間超の割増賃金率引上げへの対応2023/01/24
年次有給休暇の取得義務にまつわるよくある質問2023/01/17
36%の企業が同一労働同一賃金問題に未対応2023/01/10

>> バックナンバーへ

総務担当者のための今月のお仕事カレンダー
総務担当者のための今月のお仕事カレンダー

   

 2月は年末調整の後処理が終わり一息つく時期ではありますが、新年度が近づいてくるため、新入社員の受入れや昇給の検討等、4月に向けて準備を行う必要があります。スケジュールを確認して漏れのないよう業務を進めましょう。 >> 本文へ

お問合せ
水野社会保険労務士事務所
〒222-0037
横浜市港北区大倉山1-15-20
畑野ビル202        
TEL:045-342-7718 
FAX:045-342-7719 
 
SRPU※認証番号なし
社会保険労務士個人情報保護事務所
認証番号:第1601190号




全国健康保険協会


日本年金機構